第4回定時社員総会をGoogle meetを使った遠隔会議として開催しました。

前回に引き続き、新型コロナウィルス対策として第17回定期理事会はGoogle meetを使った遠隔会議として開催しました。

工業塗装とSDGsを特集した冊子、IPCOmook Vol.2を発行しました。今後必須となってくる国連SDGsに対する取り組みについて工業塗装に関わる5人の専門家が執筆した記事が掲載されています。

政府から緊急事態宣言が発令されましたので、新型コロナウィルス対策として第16回定期理事会はGoogle meetを使った遠隔会議として開催しました。

第15回定期理事会を開催しました。また、第14回合同委員会も開催し、VOC削減対策ビデオの中間報告、IPCO STUDYの次回予告、中国広東省のVOC指導の報告、エコクリーンエンジニアリング様によるCO2ポテンシャル診断と補助金、テイト微研様によるコロナウィルスの解説、オールグッド様による塗膜検査機器の紹介を行いました。

東京都環境局が推進するClear Skyサポーター登録制度に申請し、当社団も登録されました。 東京都の事業者の方は是非参加をご検討ください。

登録申請は下記で受け付けています。

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/air_pollution/torikumi/clearsky/

第14回定期理事会を開催しました。また、第13回合同委員会も開催し、Good Coat規格制定の中間報告、VOC対策と都市間協力についての発表、産業環境管理協会様によるビデオ制作事業の中間報告、テイト微研様と横浜化成様の発表、東京都環境局様のClearSkyサポーター登録についてのお知らせ、工業塗装に関わる意見交換を行いました。

第13回定期理事会を開催しました。また、第12回合同委員会も開催し、IPCO STUDYの報告、産業環境管理協会様・日本気象協会様・島貿易様・理研計器様・NTT東日本様・成蹊大学様の発表があり、工業塗装に関わる意見交換を行いました。

塗装技術について理解を深めるため、2019年第2回IPCO STUDYでは、歴史に学ぶ環境対策として、専門家の久家夫妻をお呼びして日本古来の技術である「金継ぎ」のワークショップを体験しました。

日本で「環境」という言葉が使われる以前から「もったいない」という意識の下で物を大切にする文化があり、「金継ぎ」とは、日本古来の「塗料」である漆を使い、欠けた食器等に「塗装」を施す、直しの技術です。

ご参加いただいた方々には、割れた陶磁器を「金継ぎ」で修復する技術を実体験していただきました。

<講師紹介>

●久家義一郎

とにかく手仕事が大好きで得意。自分...

第12回定期理事会を開催しました。また、第11回合同委員会も開催し、IPCO STUDYの報告、イノフィス様・テイト微研様・カイジョー様・東京都環境局様の発表があり、工業塗装に関わる意見交換を行いました。

Please reload

サポート

経済産業省や都道府県などが募集する補助金の情報をタイムリーにキャッチする、IPCOの無料メルマガ。

>補助金情報メルマガに登録

研究機関や業界団体など、工業塗装関係の事業者の皆さまが利用できる施設やサービスの情報です。

>工業塗装リンク集

IPCOの活動、委員会やカンファレンスで発表されたテクノロジーや商品について、ご質問があればお気軽にどうぞ。

>お問い合わせ